インドの証券取引所 システム処理能力−インド株・株式市場と指数インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インドの証券取引所 システム処理能力



ムンバイ証券取引所(BSE)
1995年からBSE On-Line Trading facility 通称BOLTを導入し、
その処理能力は1日当たり約定400万件となっています。
409都市にある8000のトレーダーワークステーションを運用。
セキュリティ基準のBS7799を取得している
世界で二番目の証券取引所です。
フォールト・トレランスのため、
BOLTに対し、Integrity Non-stop S88000 systemsを使っており、
99.99%の動作可能時間を処理しシステム運用に成功しています。
「性能を重視し、アベイラビリティ、スケーラビリティ、費用対効果、
およびTCO(トータル・コスト・オーナーシップ)などに
妥協しない」とBSEは言っています。


ナショナル証券取引所(NSE)
システム処理能力は1日当たり約定100万件となっています。
NIBIS (NSE's Internet Based Information System)による
オンライン取引を行っています。
1999年10月に技術部門をNSE.ITを別会社として設立して管理しています。
世界で最も大きい双方向VSATベースの証券取引所であり、
3000VSATsから4000VSATsへ拡張予定となっています。
また、世界最初の拡張CバンドVSATネットワークです。






  Copyright 2004-2009  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル