インド株 業種構成比−SENSEX指数関連情報インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
■関連 インド株・株式市場と指数  NIFTY指数関連情
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株 業種構成




インドの株式市場の優れている点として、
業種構成が豊かであり、その比重バランスが取れている事が挙げられます。
一般的に、エマージング市場の業種構成は、資源関連や金融に比重が偏っています。
しかし、インドの場合は、それら他の市場と比べると、ITの比重が高い等、
市場の業種構成が豊かでバランスが取れており、
適正なポートフォリオを作りやすく、参加しやすい市場といえます。

SENSEX指数の各セクター別浮動株時価総額は、下記の通りです。

SENSEX指数は30銘柄で構成されていますが、
SENSEX500指数など銘柄の多い指数でも
ほぼ同じ業種構成となります。


                                        (出所:BSE 2006年2月現在)(%は四捨五入:)

- 業種 浮動株時価総額(千万ルピー) 比率
- SENSEX全体 617,245.67 100.00
1 金融 122,404.65 19.83 
2 IT 111,936.56 18.13 
3 石油・ガス 78,460.33 12.71 
4 日用・消費財 70,763.69 11.46 
5 輸送機器 49,900.87 8.08 
6 資本財(生産財) 45,019.33 7.29 
7 金属 30,295.32 4.91 
8 電力 28,190.33 4.57 
9 ヘルスケア 27,328.14 4.43 
10 通信 24,158.88 3.91 
11 住宅関連 16,717.48 2.71 
12 コングロマリット 12,070.09 1.96 

                  (出所:BSE 2006年2月現在)




  Copyright 2004-2008  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル