M&A年表−ミッタル・スチール印僑インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
 ミッタル・スチールのM&A年表 





世界最大の鉄鋼メーカー、ミタル・スティール誕生までのM&A年表です。
倒産寸前の企業を買収し、
適確な投資とリストラにより短期間で黒字化するプロセスは、
他の会社が簡単に出来る事ではありません。

「あらゆる市場で最も低コストな鉄鋼メーカー」である事、
これがラクシュミ・ミッタルのこだわりとなっています。

項目
1992  メキシコ第3位の鉄鋼メーカー、シバルサ(Sibalsa)を
鉄鋼業民営化に伴いメキシコ政府から買収。
1994  カナダ第4位の鉄鋼メーカー、シドベック・ドスコ(Sidbec-Dosco)を
ケベック州政府から買収。
1995 ドイツでワイヤロッド4位のハンブルガー・スタルウェルケ
(Hamburger Stahlwerke)を買収。
1996 カザフスタンのカルメト(Karmet)買収。
1997 イスパット(Ispat)インターナショナル、
ニューヨークとアムステルダムで上場、7億7600万ドルを調達。
Ispat Stahlwerk Ruhrort
Ispat Walzdracht Hochfeldの2社をTussenAGから買収。
1998 アメリカ第4位の鉄鋼会社、インランド・スティール(Inland Steel)を買収
1999 フランスの鉄鋼大手ユジノール(Usinor)から、TrefileuropeとSMRを含むユニメタル(Unimetal)グループを買収。
2001年 LNM Holdingsがアルジェリアの政府からAlfasidを買収。FERFOSから鉱山を2つ買収。
ルーマニア政府からシデックス(Sidex)のガラツィ統合製鋼所を買収。同社は、工業生産指数の4%を占めているような大企業であるものの、資金ショートでバーター取引に依存しており、一日あたり一億円の損失を計上するという悪循環で、倒産寸前の状態。その状況下3億5000万ドルを投資、その後黒字化を図る。
その後、2004年にも、Ispat Tepro, Petrotub Roman、Siderurgica Hunedoaraの3社をルーマニア政府から買収。
2002年 南アフリカ政府からイスコル(Iscor)の支配権を獲得、
製造業の支援など様々な南ア政府との協定により実現
2003年 チェコ第1位の鉄鋼メーカー、ノヴァ・フット(Nova Hut)を買収。この企業も資金ショートで、巨額の負債をを引き受け、2億4900万ドルの投資、さらに高付加価値化でさらに投資をし、黒字化。
2004年 ポーランド政府から鉄鋼大手Polskie Huty Staliを買収。
この企業も買収時、倒産寸前状態。
ボスニアのBHスティールを買収。
バルカン(Balkan)スティールからマケドニアの設備を買収。
LNMホールディングスと イスパット(Ispat)・インターナショナルが合併。
さらにISG(International Steel)を45億ドルで買収。
世界最大の鉄鋼メーカー「ミッタルスチール」が誕生。
                           





  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル