インドの道路開発「黄金の四辺形」プロジェクト−インドのインフラインド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
■関連 「NSEWコリドール」プロジェクト 「港湾接続性」プロジェクト
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
 「黄金の四辺形」プロジェクト 





黄金の四辺形プロジェクト(GoldenQuadrilateral:GQproject)とは、
ムンバイ、デリー、コルカタ、チェンナイの東西南北主要4都市を結ぶ幹線道路構築プロジェクトです。
道路省が進めているナショナルハイウェイ開発プロジェクト:NHDPの目玉的なものですが、2006年現在、まだ工事中となっています。
着工当初と比較すると、年々確実にスピードアップしてきており、
現在の所、2008年完成が目標となっています。

全長6000km程度の大プロジェクトは、
2号線のデリー・コルカタ線が1,453 km
4号線のチェンナイ・ムンバイ線が1,290 km
5号線のコルカタ・チェンナイ線が1,684 km
8号線のデリー・ムンバイ線が1,419 km
に大きく分かれます。
また、これは4車線、6車線への拡張も含まれています。

資金調達は、世界銀行やアジア開発銀行などからの
大規模融資により実現しています。


これにより、雇用創出効果、関連産業の特需、
インフラ整備による企業の物流コスト削減など
高い経済効果が期待されています。
またエネルギー効率の向上が課題となっているインドにとっては、
その面でも非常に重要なものの一つとなっています。

黄金の四辺形プロジェクト(Golden Quadrilateral)


NH2工事風景)





  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル