インドの映画産業−インドの産業インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
 インドの映画産業 





インドは映画産業が発達しており、
19世紀から既にインドでは映画が上映され、
長く国民の娯楽として親しまれています。
この辺りは、様々な規制がされている中国とは、
大きく異なる部分といえます。

年間の製作本数は、アメリカよりも多く、世界でトップです。
1979年に700本以上作られるようになってから、
ほぼ毎年、同程度の製作本数を作り続けています。

映画館数は21000とアメリカよりも少ないですが、
年間動員数は28億人とアメリカのほぼ倍の観客動員数です。

国(地域) 年次 制作本数 輸入本数 年次 映画館数 座席数(1,000) 年間入場者数
(100万)
1人当たり 
入場回数
日本 98 249 ... 99 2,221 ... 145.0 1.14
インド 99 764 203 98 21,801 ... 2,860.0 2.91
インドネシア 97 37 125 97 1,009 674.4 190.0 0.94
香港 95 ... 177 95 184 94.8 28.0 4.53
アメリカ合衆国 98 490 ... 99   31,640 ... 1,465.0 5.2
ブラジル 99 40 ... 99 1,400 ... 70.0 0.41
フランス 98 183 243 99 2,150 990.0 155.4 2.63
ロシア 99 16 127 99 1,416 613.0 19.1 0.13
                                                 (出所:総務省)

ムンバイには、ハリウッドをもじった「ボリウッド」と呼ばれる
映画撮影所があり、インド文化独特の作品を生み出しています。

製作本数が多く、国民に浸透している理由
【1】長い歴史
19世紀(1896年)にイギリス人向けに初めて上映。
その後、それまで(演劇の)劇場を運営していたパールシー系の資本が入り、
映画館数がふえていったようです。
【2】TV普及率の低さ
テレビの普及率ラジオ・テレビ保有世帯数 BRICs比較
【3】多言語国家と政治利用

多言語国家であるインドにとっては、
製作本数が多くなるのは、当たり前の事ともいえます。
ヒンドゥー語は、北インドのほとんどの地域で理解され、
他の地域では母語ではなくても、理解される事が多いため、
ヒンディー語の本数が200本以上と最も多く、
次いでタミル語、テルグ語などが多く100本以上製作されていますが、
必ずしも、言語別の人口割合と比例していないようです。
タミル語映画が発達した理由としては、
1949年に、南インドの「ドラヴィダ進歩連盟」が結成され、
アンナードゥライという映画脚本家が、その党首に就任した事等から、
政治的な利用もあり、南インドのドラヴィダ系民族の支持
(ドラヴィダ民族主義)と共に発展したようです。
違う言語であるがために、北インドのアーリア系と南インドのドラヴィダ系など
その民族主義的政治の対立で、発展してきたといえるようです。


今後、貧困層の割合低下による余暇への消費が増大するとともに、
電話回線、ケーブルTV、光ファイバーなどの
通信インフラ整備により、余暇の消費における
TV、インターネットとの競合が考えられますが、
コンテンツの2次利用など共存共栄に向かっていくと考えられます。





  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル