暗殺-インド株と突発的リスクインド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株と突発的リスク・暗殺





原因は様々ですが、
インドでは、独立後、
影響の大きい要人暗殺が3度起きています。


1948年1月30日
モハンダ・カラムチャンド・ガンディー
(通称:マハトマ・ガンディー)
犯人:ヒンズー教原理主義者


1984年10月31日
インディラ・ガンディー
犯人:シーク教(シク教)過激派


1991年5月21日
ラジーヴ・ガンディー
犯人:タミル系過激派組織タミル・イーラム解放の虎



海外機関投資家に市場開放した後は、
首相暗殺は起きていません。
その点、マーケットの影響がどの程度のものか
予想は困難ですが、前例が無いだけに
市場は相当大きく動揺すると考えられます。




  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】 
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル