DCMシュリラム財閥−インドの財閥インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
              
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
DCMシュリラム財閥


中堅財閥です。
ビジネスコミュニティは、パンジャビー。
ゴパル・ライ(とその他の人)が1889年にDCMを設立。
(DCMはDelhi Cloth Millsの略。)
その後、甥のシュリ・ラムが継承し、発展。

※単にシュリラム財閥と呼ばずに、
同名の企業名やグループ名があり、
DCMシュリラムと表記した方が正確です。

一時期はDCMとシエル(SIEL)の二つの旗艦企業をおいて、
機械、自動車製造、化学などを事業範囲としていましたが、
後継問題による内紛が激しく、
グループとしては弱体化しました。

1984年にトヨタとの合弁でDCMトヨタを設立。
その後、トヨタの持ち株を韓国の大宇が引き受けて、
DCM大宇に変わっています。

また、SIELがホンダとの合弁で
ホンダシェル・カーズ・インディアに40%出資などしています。

後継問題により、
以下3〜4つのサブグループに別れています。
バンシ・ダール グループ
バーラト・ラム グループ
チャラット・ラム グループ

分散化しているシュリラム財閥系企業の例

DCMシュリラムインダストリーズ
DCM Shriram Industries
売上高84億ルピー
名前的には本家ですが、経営状態は良くありません。
1932年に砂糖工場を設立してからは、幅広く製造。
砂糖、アルコール、ナイロン、レーヨン等。

DCMシュリラム コンソリデイテッド
DCM Shriram Consolidated Ltd
売上高247億ルピー
内紛で多くの企業が弱体化していく中、
最も、業績を伸ばしています。
事業内容は、砂糖などの農業の他、クロロアルカリなどの化学、
セメント、ポリ塩化ビニル樹脂、
窓、ドアなどの建築資材など。

シエル
SIEL Ltd
化学など。本体の経営状態はあまりよくありません。

子会社
マワナ・シュガー
チタウィ・シュガー

合弁
ホンダ・シェル・パワー・プロダクト
ホンダシェル・カーズ・インディア
ダイキン・シュリラム・エアコンディショニング





  Copyright 2004-2007  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】 
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル