BRICsファンド−インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
 ■関連  インド株ファンド
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
BRICsファンドの始め方



今後、BRICsをテーマとしたファンドが組まれる事が予想されますが、
初のBRICsファンドが発売され注目されています。
インドは鉱物資源については、問題ありませんが、
石油資源については、輸入依存度が高いため、
そのリスクヘッジを考えておく必要があります。
また懸念されつつある投資先国間の資金シフトに対するリスクを軽減できます。

→ BRICsファンドの販売会社手数料比較
→ BRICsファンドチャート

HSBC BRICsオープン内容


資源国であるブラジルとロシアの資源株を中心に投資していますので、
中・長期的なリスクヘッジの一つとして利用できます。
組み入れ上位はどれも、その国の大型株がメインになっています。
ブラジルに比重を置いた特徴のあるポートフォリオですが、
ブラジルは金利引き下げ局面にあるため、通貨は安くなる可能性が高いものの、
株式市場は期待できます。

下記、ポートフォリオ内容になりますが、
詳細はこちらで確認をお願いします。
HSBC投信 

投資先国比率
投資先国 比率
ブラジル 30.8%
ロシア 26.2%
インド 16.3%
中国 18.9%
株式合計 92.2%
キャッシュ等 7.8%
合計 100.0%
(出所:HSBC)

投資先業種比率
業種 比率
石油・ガス 37.5%
銀行 10.9%
鉄鋼その他金属 7.0%
鉱業 5.4%
通信 4.4%
(出所:HSBC)

組み入れ上位5企業
- 企業名 国名 業種 比率
1 ルクオイル
Lukoil Co
ロシア 石油・ガス 5.4%
2 ブラジル国営石油公社(ペトロブラス)
Petroleo Brasileiro SA
ブラジル 石油・ガス 4.8%
3 ブラデスコ銀行
Banco Bradesco SA
ブラジル 銀行 4.2%
4 リオ・ドセ
Companhia Vale do Rio Doce
ブラジル 鉱業 3.5%
5 スルグトネフテガズ
Surgutneftegaz
ロシア 石油・ガス 3.5%
(出所:HSBC)



組み入れ比率5位の「Surgutneftegaz」については、カタカナ表記が見当たらないため
ローマ字読みで「スルグトネフテガズ」と表記しています。




  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル