インドの為替−インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インドの為替




対円 為替レート  対主要通貨 為替レートグラフ

参考情報
エマージング各国の短期金利比較

中・長期的にルピーの動向を見るポイント

・過去長期的傾向として、経済政策により度々ルピー切り下げを行い、
ルピー安が続いてきましたが、近年、ルピー高に転じています。
                           →インド経済と通貨危機の歴史
・GDP比10%の財政赤字があります。

・2001年〜2004年経常収支は黒字化し
 ましたが、再び赤字になっています。→ 経常収支推移  経常収支推移の背景
                                      対外債務推移  

・2003年以降は、証券投資による莫大な資金流入とそれに対する介入のため、
外貨準備高は増加を続けています。 →  外貨準備高推移 国際収支内訳推移

・国内銀行のNRI(在外インド人)に対する金利の調整が必要
(金利を下げる事で、NRIの膨大な送金を抑える事によいルピー高圧力を緩和できる。
また上げる事で、外貨獲得を行う)

実際の為替レート 対円 為替レート  対主要通貨 為替レートグラフ

・原油価格
(原油の輸入依存が高く、エネルギーの原油依存が高い。
 91年の通貨危機の主因は原油にありました)

インフレ圧力のメカニズム
【1】ソフトウェア業界の成功→【2】NRIやFIIなどの急速な資本流入による通貨の上昇
→【3】インド準備銀行による、為替介入→【4】国内ルピーの過剰供給(過剰流動性)→
【5】資産の高騰→インフレ圧力
                         → インフレ指数・物価上昇率推移
政策
上記【2】に対し国内銀行のNRI(在外インド人)に対する金利の調整を行っている
上記【4】に対し不胎化を行っている(債権発行による、過剰なルピーを市中から吸収)

問題点 GDP比10%の財政赤字であるため、ルピー売り介入後の不胎化が困難になる
可能性があります。
最も根本的な問題点は、財政赤字にあり注視する必要があります。


ADRの為替リスク
インド株ADR投資上のリスク回避ポイントとしては、
ルピー高になれば、ADRの価値も上がりますが、
輸出産業の株価は下がります。
ソフトウェアなどサービス輸出銘柄のみではなく、
内需関連銘柄も合わせて保有するのが良いのかもしれません。
またADRでインド株投資を行う場合は、直接的にはUSドル資産、
間接的にはルピー資産ですから、
ルピー、USドル、円それぞれの動向判断が必要になります。



為替リンク

インド準備銀行 (英語)

Yahooファイナンス インドルピー/円 

MSNマネー為替

日経マネー&マーケット為替

読売オンライン為替

ブルームバーグ為替レート計算





  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル