タタ財閥−インドの財閥インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
タタ財閥



インド最大の財閥で、
元々はペルシャ(現在のイラン)からムンバイに渡ってきた
パールシーの子孫です。
経済だけではなく、政治的にも様々な
影響力を持っているようです。
綿紡績、鉄鋼、電力、金融、不動産、
自動車(商用車の国内シェアは5割以上。)
食品、レジャー、通信、IT、小売、
持ち株会社タタ・サンズ、タタ・インダストリーズを通して、
7つの本業セクターで91の会社を経営しています。
グループ全体で従業員数20万人以上。3月決算。
連結売上 140億ドル  売上高成長率27%(2003年)
株主は200万人。
インドのGDPの2,6%、輸出総額の5%をタタ財閥が占めています。

下記、代表的企業です。

■タタ・スティール
熱間圧延、冷間圧延合わせて400万トンを産出します。
タタグループの中で、財閥の見本となる優秀な企業を表彰する
JRD・Tata賞を受賞しています。
鉄鋼の上流からから下流まで一貫生産ができ、コスト競争力があります。
日本製鋼との戦略的提携を中心に
アメリカ、フランス、韓国企業などとも提携を行っています。
SAILなどの国営企業など、インドの鉄鋼業は
、生産性、効率性が低く、国際競争力は低いようですが、
TISCO(タタ・スティール)は収益性において安定しており、
特に、2000年以降、売上高、収益性、安全性(資本構成)、成長性
等、全てが伸びています。(2004年現在)
クロムメッキ、チタンなどの分野で、新展開を模索しています。

■タタ・パワー
2278メガワットの発電容量があります。
火力発電、水力発電、風力発電を行い、
送電サービスします。
UAE、マレーシア、サウジアラビア、クウェート、アルジェリア
などでもプロジェクトを持っています。
インフラを利用した光ファイバー敷設にも進出しています。
都市部において延長距離600kmを既に超えており、
さらに1200km伸ばす予定です。国内の
インターネットにおけるトラフィックシェアは30%もあります。
100%子会社TataPetorodyneにより
Cauvery 盆地、Cambay湾、などの地域で
石油・天然ガス探査、生産も行っています。

タタ・モーター
1945年設立。1954〜69年までダイムラーと提携していました。
商用車におけるシェアは59%(2004年現在)と他社を圧倒しています。
また、大、中、商用車における世界ランクは6位です。
現在はローバーと提携。
会社は、マレーシア、バングラデシュ、ケニア、
南アフリカ、エジプトに工場を持っています。
ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジア、
中東、アフリカ70ヶ国へ輸出しています。
商用車(2トン〜40トン)、バス(12人乗り〜60人乗り)、乗用車、
オフロード車、商用車等130以上のモデルを持っています。
ブランドはIndica V2およびIndigo、TataSumo、Spacio、サファリ等。
TataIndicaは、1999年インド独自でデザインから製造まで
一貫製造された初の自動車でした。
2004年ニューヨーク上場。

■タタ・ティー 
売上高711百万ドル 売上高成長率13% 従業員数5万6千人
お茶、コーヒー、香辛料(コショウ)、
ターメリック、トウガラシ、 ショウガ、ナツメグ等を栽培から製造しています。

■タタ・コンサルタンシー・サービス(TCS)
売上高1041百万ドル(2003年)  売上高成長率18.3%   
従業員数2万4千人
ソフトウェアの統合パッケージプロバイダー。
システムインテグレーション、
アプリケーション開発、システムコンサルティング、インフラ管理、
および工学サービスを含んで、多様な情報技術サービスを提供します。
銀行、保険等の 金融システムのアプリケーション、CRM、等を行っています。

■タタ・アメリカ・インターナショナル
売上高731百万ドル(2003年)従業員6千人
TCSの子会社で、技術系コンサルティングを行う。
IBM、GE、シティグループ等を顧客に持っています。




  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル