ADRとは−インド株ADRインド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】
ADRとは



ADRとは
American Depositary Receiptの略であり、DR(預託証券)制度の元祖といえます。
ADRの定義は、「外国企業・外国政府あるいは米国企業の外国法人子会社などが発行する有価証券の1単位、複数単位、あるいはその一部に対する所有権を示す、米ドル建て記名式譲渡可能預り証書」と言えます。ADRの預かり対象は、通常は米ドル以外の通貨建ての株式ですが、制度的にはあらゆる種類の外国有価証券でも可能です。

預託機関である米国の銀行、または信託銀行によって発行され、通常の米国株式と同様に売買が行われます。

1928年のADR創設当初の趣旨は、米国人投資家が外国株式への投資を容易にする仕組みを提供することであり、ドル建てでの売買や配当支払を可能としたことがADRの発展に大きく寄与しました。
現在では、当該外国企業に関して米国企業なみのディスクロージャーも求められており、より一般的な投資手段になっています。一方、投資対象となる企業にとっては、米国での知名度向上に加え、資金調達等の経営財務目的のためにも利用されています。

ADRはそのプログラムにより、スポンサーなし(Unsponsored)ADRとスポンサー付き(Sponsored)ADRに分かれています。
スポンサーなしADRは、原則として外国企業の意思とは無関係に米国証券会社と米国預託銀行が主体となって設定したものですが、1983年以降は当該企業の最低限のディスクロージャーが必要となりました。スポンサー付きADRとは、外国企業が主体となって、米国預託銀行と預託契約を結ぶことで設定され、資本調達の有無と開示の義務により、レベル1、レベル2、レベル3に分けられます。 発行方式は、S1方式とS12方式とがあり、S1方式は新株を米国で発行してADRとして募集します。S12方式は、流通している原株をADRのかたちで流通させるスタイルを言います。

ADR発行の目的の1つに、外国企業がアメリカ市場に上場、登録する際、原株をアメリカに持ち込んでも管理等で色々な不都合が生じる場合に、原株を本国に預け、それに見合う証書を上場、登録させて投資家の便宜を図ることがあります。
 また、NYSE(ニューヨーク証券取引所)及びNasdaq(米国店頭株式市場)に上場されるADRの発行会社に対しては最低でも中間、年次での企業情報開示が求められています。

関連用語

ADS(American Depositary Shares)
ADRにより表示される権利を意味するものです。
株式相場は1ADS当たりで表されます。

GDR(Global Depository Receipts)
国際預託証書。欧州で発行されロンドン証券取引所に上場されている預託証書です。


参考:野村証券、日興コーディアル証券、楽天証券各社HP



  Copyright 2004-2006  Indokeizai.com   All Rights Reserved
インド株・インド経済の情報サイト【インド株式オンライン】    Copyright 2004-2005  Indokeizai.com   All Rights Reserved
サイト概要ヘルプ更新情報サイトマップインド株・インド経済ジャーナル